お歳暮は毎年同じでも良いのか

subpage1

お歳暮を定番の品にしている人も多いのではないでしょうか。


贈る人によって多少内容を変えたとしても、毎年同じ品になってしまっているという場合もあります。
お歳暮に毎年同じものを贈るということは、マナーとしては問題のある行為ではありません。
贈られている人が喜ぶものであれば、毎年同じ物を贈ることは相手にとっても嬉しいことでしょう。

お歳暮情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

贈られる人の中には、毎年、定番の品が届くことを楽しみにしているという場合もあります。



しかし、一方で、その逆であった場合、つまり贈られた人があまり嬉しくない品を贈っているという場合には、同じ品を贈ることは嫌がられるかもしれません。

ただし、いくら嫌な品が贈られてきたとしても、それを面と向かって贈り主に伝えるということは、よほど親しい関係でなければないことでしょう。

もし、気になるような場合には、お歳暮をこれまで贈っていた品とは異なる品にするか、それとなく相手に聞いてみると良いかもしれません。
多くの人に喜ばれる品としては、小分けになっているお菓子の詰め合わせ、果物や野菜、お酒やジュースの詰め合わせなどがあります。
果物や野菜に関しては、傷みが早いものもありますので、大量に贈ることは避けたほうが良いでしょう。



何を選べば良いか分からないという場合には、相手との関係性にもよりますが、相手に決めてもらうという方法もあります。
カタログギフトであれば、受け取った側が自由に品を選ぶことが出来ますので、おすすめです。

お歳暮の重要知識

subpage2

お歳暮を平素からお世話になっている人に対して贈る場合ですが、まずはそのための品物を購入しなければなりません。この場合の方法にもいろいろありますが、基本はデパート、ショッピングセンター、ギフトショップ、セレクトショップなどの店頭に出向く方法といえます。...

next

大事なお歳暮の事

subpage3

お世話になった人にお歳暮を贈りたいけれど、どのような物を選べば良いか分からないという人も多いようです。贈り先の好みを知っているという場合には、それぞれの人の好みに合わせたものを選び、贈るようにしましょう。...

next

読めば解るお歳暮

subpage4

年の暮れに贈ることで知られるお歳暮は、地域によって多少の違いはあるものの、毎年12月の中旬に贈られるのが一般的です。北海道や北陸、関西に中国地方以南では12月10日以降がシーズンなのに対し、関東では少し早く12月の1日から贈られることも少なくありません。...

next

お歳暮の関連情報

subpage5

日本にはお歳暮などといった習慣があり社会に出るとその習慣に触れることが多くなります。お歳暮を贈る時には平均的な相場や品物を調べ適切な時期に送ることが大切です。...

next